fitfitについて

About

STORY創業へのストーリー

機能性デザイン性
どちらの夢もかなえたい。

若い頃から細身の靴に慣れた私たちの足は、年齢を重ねるごとに足のアーチが崩れ、足幅が広がり、親指が曲がって、だんだんと細身の美しい靴が似合わなくなっていきます。外反母趾を理由にパンプスを履かなくなったという方の、なんと多いことでしょう。でも、靴のお洒落を本当に諦める必要があるのでしょうか?

外反母趾の足でも痛みを感じにくく、見た目も美しい靴があれば、もっともっとお洒落を楽しめるのではないでしょうか。そんな思いと、実際に外反母趾に悩む皆さまの「私たちに合う、もっとお洒落な靴を作って!」という声の多さに後押しされて、fitfitの開発がスタートしました。

外反母趾について学び、専門家にアドバイスを仰ぎ、人間工学に基づいた靴づくりに定評があるメーカーとパートナーを組んで、靴の命といえる木型を一から起こし、何十もの試作を重ねた末に誕生したのがfitfitソールです。

履き心地はもちろん、見た目の美しさを意識して、「細身に見える」ことに徹底的にこだわりました。お洒落な靴という点でも、満足いくものができたと思います。フィット!フィット!と足が喜ぶ靴、ぜひ一度お試しください。

CONCEPTコンセプト

歩け歩け
わたし
fitfitは女性を「足元から元気にする」ブランド。
一人ひとりの女性が足にぴったりフィットする靴で、
前を向いて自分らしく人生を歩き続けてほしいー
その願いをブランドテーマ「歩け歩けわたし™」に込め、
「ファッションと機能の両軸」を
大切にした靴づくりをしています。

INTERVIEWデザイナーインタビュー

fitfitデザイン担当 栗原玉江
fitfitデザイン担当
栗原玉江
婦人靴企画のフリーランス。大手靴問屋、国内外のシューズメーカーを経てfitfit創業からデザイン担当。多くのヒット商品を生む。
「外反母趾にもやさしい靴」!
フリーの靴デザイナーとして仕事をしていた私の前に、突然現れた創業者の林恵子さん。「年齢も悩みも吹き飛ばし、この靴を履いてどこに行こうかと、ワクワクするおしゃれな靴が必要なのよ。外反母趾にもやさしい靴を作りたいの、一緒にやらない?」。ファッショなブルで気さく、そして明確なイメージを熱っぽく語る様子に大きく心が動き、自分の経験のすべてを活かそうと決めました。
fitfitが目指すのは真のオリジナル。それは「ゼロから1」を生み出すトライアルの連続でした。なぜ、既存の靴は痛いのか。従来の靴のカッコ悪さを消すにはどうするか。独自の木型制作を試行錯誤しながら徹底的に調べ、つま先の中心線を変えた「足なり設計」やつま先部分を指の高さに合わせた構造にするなど、外反母趾の悩みはあっても「ラクに履ける靴」を模索していきました。
fitfitが匂い立つように
デビュー作「ヒールアップバレエ」は、お客さまから「ついに私の靴を見つけた」と喜ばれました。その後も、脚長効果インソールの女性らしいスニーカー、パンプスなのにスニーカーの履き心地「パンプニーカー」など、林さんの要求は、エレガントで、歩きやすく、時代を感じる新鮮な靴。揺るがないfitfitブランドの匂いを持ち、未来に向かって創る次の一足。「素敵な靴は、素敵な場所に連れて行ってくれる」--この言葉のように、お客さまが幸せに歩いてくださったら嬉しいです。

PRODUCTS商品紹介

fitfit代表シリーズの紹介
パンプニーカーシリーズ
「パンプスなのにスニーカーのような履き心地」で人気のシリーズ。
LITEシリーズ
IPソール採用により「軽量化と耐久性」を実現した、ライトシリーズ。
フワッポン®シリーズ
とにかく履き心地が柔らかい、足を優しく抱きしめる靴「フワッポン®」
WoWシリーズ
「歩く」を驚きに満ちた心躍るものにすることをコンセプトに開発した新シリーズ。
fitfit 3つの特徴
1
外反母趾にもやさしい
オリジナルの木型
外反母趾にもやさしいオリジナルの木型
親指を解放する木型
fitfitの靴の基本となる木型は、人間工学に基づき、センターラインを親指寄りに振ったオリジナルの「足なり設計」(下図の赤ラインと青ラインの比較を参照)。 普通の靴に比べてセンターラインが親指側に寄っており、これによって前足部を幅広にすることなく、親指がまっすぐ伸びるフォルムを実現しました 。親指を圧迫しないから、外反母趾の足でも楽に履けます。
2
独自のつま先設計
独自のつま先設計
足本来の形に合わせ、
高低差のあるつま先設計
オリジナルの木型で親指まわりにゆとりを生むと同時に、ソールの爪先部分の親指側を高く、小指側を低く設計することで、足指の自然なラインに沿ってぴったりフィット。足本来の形に合わせた快適な履き心地を実現しました。
3
ソールの開発
ソールの開発
代表的なソール「3in1ソール」
独自の木型に合わせて開発された前足部からかかとまで一体となったfitfitのソールは、「3in1ソール」といわれています。初代のデビュー以来、一から設計されたオリジナル木型に合わせたfitfitのソールはよりよい履き心地とデザイン性を追求して進化を続けています。

SHOP店舗

真紅のシルエットで、胸を張り前を見て大胆にかっ歩するfitfitのアイコン「フィト子」がお出迎え。

SERVICEサービス

「fitfitting(フィットフィッティング)」
シューフィッティングサービスで自分に最適な靴を。

SUSTAINABLEfitfitが実現する循環

「Re fitfit / リ フィットフィット」
fitfitでは“地球にいいこと、わたしにいいこと”をキャッチコピーに、お客様とともに環境にやさしいブランドを目指すため「Refitfit」と掲げ、活動しています。
歩くことは、いつまでも、
その人らしく生きること
fitfitはこれまで、「おしゃれで履きやすい靴」を開発しお届けするなかで、お客さまに起きる嬉しい変化を肌で感じてきました。自分らしい靴で歩き始めた方はいきいきとした美しさがよみがえってくるのです。一足の靴、その可能性の大きさ。それこそfitfitが担う未来です。